転職活動の流れ、体験記

私の前職は金融関係の窓口業務でした。通帳をお持ちの方へオペレーション、営業など行っていました。
それから保険の販売職へ転職しました。転職を考えたきっかけは、前職に尊敬出来る上司がいないことでした。
また、時間単位で給料が発生するのでサボった者、他の者より楽をした者勝ちな雰囲気があり、仕事をしなくても給料があがっていき、だれていく上司に将来を憂いてしまいました。
また、営業もお客様の本当に欲しているものを提案するのでなく、自分達が売りたいものをどう売り込むトークをするかというところに力を注いでいて、本当にお客様の役にたてているのは不安になり、もっとお客様のためになる仕事に就きたいと考えました。

まず転職サイトに複数登録し、次にエージェントと面談を行いました。
面談したエージェントは有名なリクルート、DODAです。
どちらも女性の若い(20〜30歳くらい)エージェントが面談してくれました。
女性ということで、子どもを生む期間とかもあるので、女性には女性の気持ちの分かるエージェントをつけているのかな?と思いました。
職務経歴書や履歴書を一緒に仕上げ、また、なぜ転職を考えたか、どのようなキャリアアップをしたいのか細かく、上手に聞いてくれたので
自分としても再度自分を見つめ直すきっかけになりました。

お客様の役に立つことという自分の想いをひろっていただき、コーディネーター職と呼ばれる仕事を金融系以外にもキャリアコンサルタントや結婚相談員等たくさん相談してくれ、今の業界にこだわらず自分の可能性を探ることが出来ました。

実際何社か面接に行ってみて感じたことは、自分が面接する前のものと、行った後で志望度がすごく変わるということでした。
求人票に記載してあることに期待して行ったある訪問営業の会社があったのですが、福利厚生も良く休みも多く、残業があまりないところでした。
実際に行ってみると、とてもこの仕事では残業なしでは続けていけないなと思いました。
また、お客様を今の会社から引っ張ってこれるかなどということも聞かれ、虎の威を借る狐のようで、あまりいい印象を持てませんでした。

結局エージェントを通さず自身で見つけた求人のところで仕事が決まりました。
エージェントによって、また、会社によって結構扱っている求人が違うので複数社登録して選択肢を増やしておくのが入りたいと思える会社を見つけるのに役立つと思います。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です