セミナーに参加して、仕事の探し方のヒントを見つけることができました

私は過去に数えきれないほどの転職活動を行ってきました。
今までのスキルを活かせる仕事を探していたのですが、なかなか条件が合わずに、再就職も決まりませんでした。

そこで地元で開催されている就職セミナーに参加してみました。
私は希望の仕事に再就職できるヒントを見つけたかったからです。

セミナーの中で言っていたことは、就職が決まらない時は、条件を下げていくことが必要です。
それでも、最後まで絶対に譲れない条件が入っている仕事を見つけることが大切だということでした。

仕事を決める時にいくつか条件を上げていきますが、その中でも最優先があります。
どんな仕事でも良いから正社員を希望している場合もいます。

また、雇用状態よりも職種を重視する場合もあります。
中には勤務場所が最優先という場合もあるでしょう。

最後のどうしても譲れない条件を外してしまうと、再就職をしてからも、上手くいかなくなることが多いようです。
私はこの話を聞いて、かなり納得することができました。

私の転職活動が上手くいかない大きな理由は、条件にこだわりすぎていることと、最終条件を考えていなかったことだと思いました。

転職活動中にいろいろな人から仕事の紹介をされる場合があります。
その時にあまり気乗りがしなくても、次の仕事がいつまでも決まらないと困ると思い、無理をしてその仕事を引き受けてしまった場合がありました。

しかし、そのような場合は、たいてい再就職してから失敗だったと気付かされます。
私の場合は誰かからの紹介ではなく、自分で探して決めた仕事の方が後悔はなく、長続きするようです。

しかし、人脈は大切なので、人を介して再就職をして上手くいった人を何人も見てきています。
自分で探した仕事に就く場合でも、誰かに紹介された仕事に就く場合でも、最終的にその仕事を選んだのは自分です。

なので、義理やお金を優先してしまい、自分の本心とは違う選択をしないように気をつけたいと思っています。
良いご縁がある仕事ならば、たとえ、どんな形で再就職をしても上手くいくものだと思います。

医師 転職 産業医

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です