auひかりは、プロバイダ固定なの?

光回線を乗り換える際、気になることの一つに「メールアドレスが変わること」が挙げられます。確かに光コラボレーションモデルなどでプロバイダが光回線の提供主体になっていると、自社が提供しているプロバイダを「しばり」にして囲い込むことも理解はできます。OCN光、ビッグローブ光、ニフティ光。。などがこれに該当します。

しかし、ユーザーからしてみれば、それが理由でこれまで慣れ親しんだメールアドレスの変更を迫られるなんていかがなものか?と感じることはごく自然なことですよね。メールアドレスが変わるってホント大変ですものね。

その点、auひかりは前述の光コラボレーションモデルの光回線とよく似ていますが、こそうではなく、KDDIが自前で敷設して提供しているものです。KDDIはプロバイダではなくキャリアなので、提供する光回線は多くのプロバイダーに対応させています。

ニフティ、アサヒネット、au One net、ビッグローブ、@TCOM、DTI、ソネットなど、今お使いのプロバイダはほぼ使えると思います(ただし競争会社であるOCNは使えません)。プロバイダしばりを気にしなくて良いのはauひかりの一つのメリットですね。

auひかり キャッシュバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です